ストーカーの特徴と対策【知人・知り合い・友達】

ストーカーの特徴と対策【知人・知り合い・友達】

ストーカーになるのは、元恋人や元夫婦だけではありません。
知人や友人が、ある日突然ストーカーと化してしまうケースも増えています。

 

そこで今回は、知人や友人がストーカーになってしまった場合の、
ストーカーの特徴や対策方法について、いくつかご紹介していくことにしましょう。

 

まず、特徴についてですが、代表的なものとしては、

  • 恋愛経験が少ない
  • 自分に自信がない
  • プライドが高い
  • すぐ見栄を張る
  • 束縛したがる
  • 自分の思い通りにならないと怒る
  • ナルシストである

ことなどがあります。

 

ようするに、自己愛が強くて、社交性に欠ける部分があるということですね。
この特徴は、友人ならすぐ分かるものの、知人程度の付き合いであれば、
少々分かりづらいことではあります。

 

とはいえ、社会経験をある程度積んできた大人であれば、
ちょっとした口調やしぐさなどで、相手の性格がなんとなく分かったりするものです。

 

話をしたり接していく中で、何かがおかしいと感じた場合は、
よく相手の事を観察してみるようにしましょう。
注意してみることで、相手の特徴が見えてくるものです。

 

では次に、ストーカー対策の方法についてですが、
一番大切なことは早い段階で距離を置くことです。
そして、やんわりと好意を持っていないことを伝えるようにします。

 

このとき、相手を怒らせてはいけませんが、きっぱりとした態度で、
二度と連絡をして欲しくないことを伝えることが重要です。
そして、断った後は、相手から連絡が来ても返事を返さないようにしましょう。

 

つまり、無視をして相手にしないのです。
もちろん、こちらから連絡を取ることは一切してはいけません。

 

それから、仲の良い友人や知人に、ストーカー行為を受けている事実を知らせておくことも重要です。

 

これはストーカー行為を行っている加害者が、共通の知人や友人を使って
嫌がらせをしてくる可能性を考えて、先に手を打っておくという意味もあります。

 

ただし、このとき異性に間に入ってもらうことは、絶対に避けなければなりません。
ストーカーを刺激して、より被害が大きくなるだけではなく、
間に入ってもらった異性にも被害が及ぶことがほとんどだからです。

 

この他にも、様々な対策方法はありますが、被害が大きくなりそうな予感がしたら、
躊躇せずに警察へ相談するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る