ストーカーの証拠集めについて〜危険な目に合わないために

最終的にはやはり専門機関に

 

ストーカーから逃れる最終手段として、交友関係等も全て捨てて、遠く知らない地へ逃げるということも考えられます。
しかし、現実問題としてそのような手段に踏み切れる人はほとんどいないでしょう。

 

また、ストーカーに逆恨みされないために、一番良い方法は「無視」に限ります。
無視はストーカーにとってダメージを与えるものです。

 

メールは着信拒否ができますが、かえって逆恨みされる可能性が高いので、
あまりお勧めできません。

 

ただ、そういった対応がまったく効果の無い場合も少なからずあります。

 

「脅迫」に相当する被害を受けたら、即警察に行くのが良いでしょう。

 

しかし、証拠不十分で警察が動いてくれないこともありますから、
証拠は必ず必要になります。

 

証拠といっても、ただ後ろをついてきている様子を写真やビデオに撮ったり、
嫌がらせされた日付や内容などのメモを残しておく、といった方法では
ほとんど意味がありません。

 

嫌がらせの録音やメールなどをきちんと保存する必要がありますし、
より踏み込んだ証拠が必要です。
また、証拠が多いほど、警察も動きやすくなります。

 

しかしストーカーの証拠を押さえるのは、個人で動くのはとても危険なことです。
バレて危険な目に合うことも考えられます。

 

逮捕に繋がる証拠をきちんとつかむためには、
探偵事務所などの専門業者で証拠を押さえるのが一番安全な方法となります。

 

 

ですから、自分ではどうしようもない・どんどんストーカー行為がエスカレートしているといった場合には、
個人相手にも営業している探偵事務所に相談して解決に持ち込むのが1番でしょう。

 

特に悪質なストーカーの場合には、出来るだけ早い時期にストーカーを特定し、対策を強化する必要があります。ストーカー行為は長引けば長引くほど収拾がつかなくなることも多いからです。

 

 

もし、いまあなたがストーカー被害に悩んでいるようなら、無料で相談に乗ってくれる探偵社もあるので、早いうちに相談をすることオススメします。

 

ストーカー被害はまず相談


このページの先頭へ戻る